断られた途端に最高速度が出たのに驚いてPTA役員の役割に気付いた話(また未整理)

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会


「役員立候補を断られて気付いたことシリーズ」、まだ続きます。が、じつはここまでに既に2回途中でデータをとばしてしおしおなので、簡単に書きます。

 

一番「おおお」と思ったこと、です。

 

わたし、立候補断られる少し前に、PTA役員さんのひとりに、加入意思確認をちゃんとしてほしい、という要望を伝えていたのですね。でもそしたら、そっから動きがとれなくなってしまった。

 

その役員さんからは「ある方が、反対しているよ」なんてことも言われていて、しかも役員決まるまで立場が宙ぶらりんで、何もできなくなってしまっていて。

 

それが、立候補断られた途端。
わたし、そっこうで校長先生にお手紙を書き、PTA会長さんにお手紙を書き、自治体のホームページにご意見送信することができたのでした。

 

自分でも驚いたのですよ。これってなんなのかな、と。

 

おそらく、わたしは立候補した時点で、すでに役員としてふるまっていたのかもしれないですね。

 

「PTA役員というのは、学校の意に背くことをできない存在だ」
ということを、無意識で感じ取って、それで何もできなくなってたところがあるんじゃないかと。

だから、断られた途端、最高速度出せたのでないかと。

 

 

ただね、PTA役員がそういうものだということを、一概に悪いとも言えないと思っていて。

実際、学校と保護者って、とても誤解や対立の生じやすい関係だから、調整役も必要だとは思うのです。

 

えっ、学校にそんなわけのわからない要望をしてくる保護者いるのかい? みたいな話も、実際聞くでないですか。

そのとき、学校フォローする存在も必要ではあるだろうな、とは思うので。

PTA役員というのは、そういう面での「学校お守り隊」の役を背負っているんだろうなと。

 

ただ、現状「それだけ」だから、すごくバランスが悪いのですよね。

 

学校に批判的なことを言える公的な存在が、いない。

だから、学校で起きる都合の悪い問題は、隠ぺい隠ぺい隠ぺい、になってしまうんだろうなと。

 

ただ、でも、PTA役員にその機能も担え、というのは難しいというか、ムリなんでないか、とも思うのです。

 

ちょうど、あれといっしょ。
児童相談所が、虐待のある親子を分離させる役割を担いつつ、再統合させる役割も担わされているじゃないですか。

それ、同じとこにやらせるのむりでしょ、裁判所とかと役割わけようよ、っていう。

 

わたしが立候補断られるまで、何もできなかったっていうのは、まさにそういう状態だったと思うので。

 

えーとだから、学校の意に反するようなことを言う役割は、PTA役員ではない、「別の何か」が担わなきゃいけないんじゃないかな?と思うわけです。

 

PTA以外の何かでもいいし、あるいはPTAのなかに別に、そういう担当部門をつくってもいいかもしれない(まず実現は難しいだろうと思いつつ)。

 

べつに個人でも言えるんだけど、やっぱり学校とかPTAとか、組織に対抗できないところはあるのかなと。

 

うーん。

今日も考えまとめ中にて、まとまり悪くきょうしゅくです。

 

 

・・・
折り畳みキーボード、100叩きの刑にしたい。


コメント
お疲れ様です♪ 役員を断られた経緯をよく知らないのですが、立候補者を本部役員または学校側が断る権利はないですよね?

もし、断りたければ対抗馬を立てて選挙に持ち込むしかないと思うのですが。

明確に断る理由があれば別ですよ。

過去、学童保育の4役をくじ引きで決めてしまった代がありました。
その時、経理担当になった人が会費滞納督促常連者だったことが問題になり相談をうけましたが、お断りした上で再選の運びになりました。もちろん、立候補ではなくクジ引きだったのでご本人から「なんで!」と言われることはありませんでしたが、その方はその後、学童保育をやめられました。

現組織において明確な理由もないのに、都合が悪いと思われる人(考え)を排除する動きは非常に危険だと思います。ナチズムに通じるというか…

単に学校を批判するということではなく
議論や折衝を繰り返して行くことが大事だと思うし、その機会を最初から潰しにかかるというのは、ほんとうに危険だと思います。

ただ、私も実は昨年秋に、今年の会長に立候補しようかどうしようか…と正直迷ってて、断られた時のショックが頭をかすめてやめてしまいました( ̄▽ ̄;)

そのくせ、総会の議案をみたとたん「役員選出終わったタイミングで入会する」という嫌なヤツ全開の勇気が出たことにビックリです(笑)

会長からは総会後に「実は僕がガーラさんを説得にいって、本部に引きずりこむというシナリオも書いていたんです。」と言っていただき、やっと安心して意見を言ってもいいんだと思えるPTAになったと感じました。

立候補を断られたというウワサが広まることで「意見が言えないPTA」というレッテルが鉄板になることが心配です。

ぜひ、このことにめげずに、お手紙や総会で意見を述べてくださいね♪ きっとその姿に感じ入る保護者の方が、いつか芽をだしてくださると思います\(^o^)/



  • ガーラ
  • 2017/06/17 2:41 PM
もう〜、ガーラさんの雪解けのお話、涙しました(ツイッターでもお話しましたけど)。ほんとうにおつかれさまでした、ほんとうによかったです(;▽;)

そうなんですよね、断られるのはやっぱりこわいから、立候補しないでいる人もじつはけっこういるんだろうな、と今になるとわかります(顔が浮かぶ)。
わたしもまだまだ種まかねば、と改めて思います。芽が出るのはずっと先かもだし、出ないかもだけど、まかないと芽は出ませんものねぇ。。
  • おおつか
  • 2017/06/18 10:16 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

『PTAをけっこうラクにたのしくする本』

link

link

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 教育委員会の人が悪いわけじゃないもののそれにしてもなんでPTAの講演会を教育委員会が・・というもやもや
    Mr.Peki-chan (06/23)
  • 立候補を募りつつ、「なり手がいない」と言いつつ、「立候補する人は危険」と却下する自己矛盾をいったい
    ガーラ (06/19)
  • 立候補を募りつつ、「なり手がいない」と言いつつ、「立候補する人は危険」と却下する自己矛盾をいったい
    ガーラ (06/19)
  • 立候補を募りつつ、「なり手がいない」と言いつつ、「立候補する人は危険」と却下する自己矛盾をいったい
    sevenorg (06/18)
  • 断られた途端に最高速度が出たのに驚いてPTA役員の役割に気付いた話(また未整理)
    おおつか (06/18)
  • 【今日の仮説】学校がやたら保護者にサービスする文化を根付かせたのはもしや
    おおつか (06/18)
  • ウワサの岩竹さんのPTA本がhontoから届いたんですけど先に論文の感想
    おおつか (06/18)
  • 総会での発言はタイミング待ってると終わってしまうことがあるのでコツとしてはですね
    おおつか (06/18)
  • 総会での発言はタイミング待ってると終わってしまうことがあるのでコツとしてはですね
    おおつか (06/18)
  • PTAはこうあるべきです、とは言えないと思うのなんでかな
    おおつか (06/18)

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM