そもそもPTA研修会には2種類(+混在型)あるということかしら(頭の整理)

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会


いやちょっと訂正です、22(木)のブログ。


研修会(講演)は、依頼をいただくとき、パタンが3つあると思うのですね。

 

  • 1 P連(保護者)から

 

P連会員、つまりどこかの会長さん(つまり保護者)から依頼をいただいて、当日もお顔をあわせるのは、ほぼP連会員のみ(教育委員会の方とはご挨拶したりしなかったり、程度)、というパタン

 

  • 2 教育委員会(事務局)から

 

依頼をいただくのも、当日お顔を合わせるのも、全部教育委員会の方、というパタン

 

  • 3 P連と教育委員会が渾然一体、から

 

依頼は教育委員会の方からいただくものの、運営はP連、つまりどこかの会長さん(保護者の方)たちがいっしょにやっている、というパタン

これ、最初は、1だけだと思ってたのです。
おととし初めて、1と3のパタンの依頼を同時期に受けたときは、3のほうは「たまたま窓口だけ、教育委員会の人が代理でやってるだけで、実質は1だろう」と思いこんでいて。

だから、初めて2のパタンをうけたときも、3の一種だと思っていたのです。でもその後、もう一度2のパタンを受けて、ようやく「2は2だな」と気付いた。最近なのですが。

で、思い返すと、1のときはP連の名前で謝礼をいただいていたんですけれど、2のときは、首長のお名前で謝礼が支払われていたんですそういえば。

だからつまり、1と2では、お金の出所が違うのでしょうね。
1のときはP連の予算、つまり各校からの上納金がもとになっているのかもなんだけど、2は自治体の予算から出ているのかと。

3のパタンのときは、2と同様に、首長の名前だったんだけど、もしかしたら1のパタンもあるのかもしれないですね。

あともしかしたら、1のパタンでも、自治体から補助金が出ていて、それがあてられているケースもあるのかもしれないですね。

等々、ほかにもいろいろあるのかもだけど、大元のお金の出所は、2つのうちのどっちか、ってことにはなるかと。

「だから何だ」という話まではいかないんですけれど、ちょっとおさえておきたいポイントかなと思って、メモ代わりに、でした。


・・・
耕すよりまえの、整地くらいの


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

『PTAをけっこうラクにたのしくする本』

link

link

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    みんなの味方 (09/16)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    大塚 (08/03)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    関 英子 (08/01)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    おおつか (07/27)
  • 日Pからもっとストレートに、加入意思確認等について具体的な情報を発信してもらえるようにお願い
    おおつか (07/27)
  • 教育委員会の人が悪いわけじゃないもののそれにしてもなんでPTAの講演会を教育委員会が・・というもやもや
    おおつか (07/27)
  • 立候補を募りつつ、「なり手がいない」と言いつつ、「立候補する人は危険」と却下する自己矛盾をいったい
    おおつか (07/27)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    関 英子 (07/27)
  • 日Pからもっとストレートに、加入意思確認等について具体的な情報を発信してもらえるようにお願い
    ガーラ (07/18)
  • 教育委員会の人が悪いわけじゃないもののそれにしてもなんでPTAの講演会を教育委員会が・・というもやもや
    Mr.Peki-chan (06/23)

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM