会場の役員さんたちがほぼ全員、はっと顔を上げた箇所

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

先日、研修会でお話したときに、印象深かったことの一つがですね。

 

まあわたし、PTAの問題点もたくさん言うのですけど、いい点も言っていて、それはやっぱり「知り合いが増える」というところだと思っているんですけれど。

 

とくに会長・副会長、役員さんは、一番知り合いが増えやすい立場にあるわけですよね。

 

「それは、正直、うらやましいです」(わたしは役員になれなかったので)

 

と言ったとき、会場のほぼ全員が、はっとしたように顔をあげていらしたのが、印象的でした。

 

もちろん、ただし、その立場は忙しいのですけれどね。

どんな組織でもだいたいそうで、まんなかにいけばいくほど、忙しくなるし&知り合いが増えるもので、みなさん大変だとは思うのですけれど。

 

でも、そういう一面もある。というところに改めて気付いて、びっくりされていたのかなと。

 

 

 

前にちらと書いたとおり、わたしは役員に立候補して断られたわけです。

まあショックでしたけれど、そのおかげで気付いたことというのが、意外とたくさんありました。

 

まだほとんど書けてない・整理しきれてないのですけれど。

 

こういうのも(役員さんをうらやましく思っている人もいる、という)そのひとつですかね。

 

おいおい、書いていきたいです。(て4月からずっと思ってるんですけど)

 

 

・・・


PTAの講演会、というものについて思うことも正直にお話できたのでだいぶラクに

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

今月はブログさぼりすぎですみません(;Д;)

 

昨日は、群馬県東部地区のPTA役員さん向けの研修会でお話してきまして、最近はその原稿に注力してました。

去年までのものから、かなりグレードアップできたかなと自負しております。

 

いざ役員さんたちを目の前にしてみて気付くことも。

単に、ずらーと並ぶのを見るだけで、伝わってくるものもあるし、話してみてみなさんの反応で気付くこともあるし。

 

とくに昨日の会場は壇上から席が近くて、みなさんの表情もわりとわかったので、あーこの話はみなさん興味あるんだなとか、おやここは反応が薄いような、ああこの説明で納得してもらえたらしい、等々、うっすらなんとなく、わかる。

 

原稿はそれはもう悩むです。こうあってほしい、という形はもちろんあるけれど、でも現状のPTAの状況、役員さんたちの置かれた状況を考えたとき、どんなふうにお伝えすれば、伝わるのか。

 

加減、塩梅。あのくらいでよかったのかなぁ。今後とも悩む。

 

あとは、やっぱりもっとみなさんとお話してみたかったなというのも。

前に一度、会場で本の販売やったときは、いろんな方が話しかけてくれたので、またやろうかな。

 

現状の「PTAの講演会」というものについて、いろいろと思うところがあるのですけど、昨日はその辺についてもかなり正直にお話できたので、だいぶラクになれた気がします。

 

いつまでお声かかるかわからないですが、おうけした分は、全力で。8月にあと2回お話する予定ですー。

 

 

・・・

 


PTA改革をするために議員になるっていうのだって別に全然アリですよね

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

この前ヤフー個人で書いたPTA改革の件について、もうひとつ書きたいことがありまして。

 

わたしも取材前は、「議員だから、できたんでは?」と思っておりました正直。

 

でもお話を聞いてみたら、ああーこれは議員だからって決してみんなができることじゃない、議員ならむしろやりたくないかもな・・、というのも、よくわかった。

 

でもでもやっぱり、「議員だったから可能だった部分」というのも、あるにはあると思いました。

 

でも、それ、別に悪いことじゃないですよね?

 

いっそ「PTA改革をするために議員になる」っていうのだって、アリなはず。

 

「議員だからできたんでしょ、だから、わたしたちには無理」って、話を終わらせるんじゃなくて。

 

「議員になってでもやる」っていうのだって、ひとつの方法なはず。

(この元会長さんはべつにそういうわけじゃないですけど)

 

PTAの問題って、結局すごく教育費の問題だったりもするので、議員になってそれをやるっていうのは、全然アリじゃないのかと。

 

そういう人がどんどん出てきたら面白いよね、とも思うのでした。

 

 

・・・

じゃあおめえ議員になってそれできるのかよおお、と言われるとそれはちょっと、なんですけど、考え方としてですね。


あの記事やこの記事の裏話とか書ききれなかったこととか

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

月末、続けていくつかの記事が掲載・公開となりました。それについて少々です。

 

〇ヤフー!ニュース個人/小川さんのPTA改革の話 前編 後編

 

お気づきの方は多いと思いますが、ネットで検索すると、なかなかいろいろ書かれておいでの方です。

DMでそっとお知らせくださった方(おふたり)、ご配慮ありがとうございました。

 

もちろん、取材前からわかっておりました。

当初打診した媒体からは掲載を断られたため、自分でケツをもてるヤフー個人に書きました。

 

青年会議所メンバー、と知って最初は正直びびりましたが、いろいろな考えの方がいるのですね・・というのもわかり。

 

「議員だからできたのでは?」とか「もしかして地元の有力者ですか?」なんていう質問にも、全然気を悪くもされず。

 

とても必要・重要なお話だったと思います、ありがとうございました(´-`)

 

 

〇マネたま/Oさんの話

 

前にツイッターでちょっと書いたかもですけど、初めてのクラス役員決めで、もやっもやしてた理由。

「なんでシングルマザーが」ということのほかに、もうひとつ、大きいのがありまして。

 

それは「学童に子どもを預けている自営業の親に、どうさせたいわけ??」という疑問、苛立ち。

 

自営だから、平日昼間の活動でも、そりゃ都合つければいけますよ。

でも自営とはいえ、仕事をしているから、保育園や学童に預けてやってきたわけだ。

 

そのひとが、平日日中のPTA活動に参加できちゃったら、おかしいでしょ?

保育園や学童必要ないだろ、という話になってしまう。

 

引き受けていいのか、いけないのか、全然わかんねええ。

 

保育園の保護者会みたいに、平日夜や土曜日に活動するなら、そういう迷いがないのに、なんで平日昼間の活動なの?

 

だいたい働いてる人たくさんいるのに、なんで平日昼間なの??

 

という辺りに、すごく混乱してたし、怒っていましたっけ・・思い返せば。

 

それもあって、なかなかPTAやれなかった、てのもありました。(うちのとこの学童は4年夏までだった)

 

 

・・・

遅ればせ、母さん友達が譲ってくれた「ある日、うっかりPTA」じりじり読んでます、おもしろいです(´-`)

黄色い本の取材してるとき、おもしろいですよと教えてくれた先生(休職中)の友人がいたのですが、当時は入手がかなわず。本になってよかった。


「順番待ちでなかなかPTA会長になれない」という話もけっこう聞きますね

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

よく「PTA会長なんて、誰もやりたい人がいないから、手を挙げれば誰でもなれる!」とかって聞きますよね。

 

そういうPTAも多いのかもですけれど、でもじつはけっこう「行列待ち」も見かけます。

「順番、全然まわってこなさそう・・」ってあきらめてる知り合いもいます(´-`;)

 

昨日Yahoo!個人に書いた会長さん(わたしが知る限り最大級の改革事例)も、けっこう待ったそうです。

会長になるまでに10年。すごい長さですよねぇ。

 

最初は小学校で会計監査をやって。でも会長順番待ちのひとが2、3人いたそうで、結局この方は中学校で会長になったそう。

お子さんが3人いたから間に合ったけど、1人じゃやれてなかったはず。


待ってたけど結局なれなかった、ていうお父さん、けっこう累積してるでしょうねぇ、全国で、この70年のあいだに。

お母さんも、少しはいるかな? でもたぶんかなり少なそう。女の人は順番待ちの時点でおりちゃうもんね。(「リーン・イン」参照)


ヤフーの改革事例記事、後半は明日公開です(´-`)

 

 

・・・


【今日の仮説】学校がやたら保護者にサービスする文化を根付かせたのはもしや

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会


組体操とか、二分の一成人式とか、部活とか、いま学校のいろんな「やり過ぎサービス」が問題になってますよね。

 

そもそも運動会も、入学式や卒業式も、日本の学校行事って、すごく保護者が「お客さん」だし。

部活も、保護者サービスな面は大きいですよね。

 

なんでそんなに日本の学校は、保護者にサービスしようとするのか? ずっと疑問だったんですけれど。

 

さっきキラーンてひらめいた仮説。

 

それ、学校後援会があったせいじゃないですかね。

「学校に金を渡す保護者団体」があったから、お返しにサービスする文化が根付いてしまったのでは。

 

学校後援会、いまは名前を変えてPTA。お金や労働力を学校に提供する、保護者団体。

 

 

でもいまやサービス過剰で、先生たちの手に余る。

 

そこでPTAが労働力を提供する。お金を提供する。

 

学校はまた恩義を感じ・・ 永遠に続く返礼合戦。エスカレートすることも。

 

 

これ、どうやって断ち切るのか。

 

もはや学校が提供するサービスを「当たり前」と思っている保護者が多いので、サービスの縮小や廃止は難しいだろうけど、それでもやってくしかないですよね。PTAもそれに協力する。

 

そんでPTAも、学校に渡すお金や労働力提供を減らしていく。学校もそれに協力する。

 

そうやってちょっとずつ変わっていくしかないんじゃないですかね。変われるかな。

 

 

・・・

さっき皿洗いながら思いついたです。なんだっけこれ、マリノフスキー?


「PTAグランパ」見逃したみなさん、最終回の再放送が次の日曜の夕方にですね

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

評判いいみたいだなぁ、早く見なきゃ、と思ってたら、終わってたんですねNHK-BS「PTAグランパ」(´Д`;)

 

いまごろ第2回(4/9)の録画をみたんですけど、わーほんとだ面白い。

ハラハラどきどき系のドラマはもともとあんまり好きじゃないんですけど、面白いは面白い。

 

この回は、グランパが「代理出席不要」という新ルールをつくったことが問題となって、それを死守するため、役員が一般会員の穴を埋めさせられることになって、さらにまた大変なことに・・みたいな。


会員がラクになったぶん、役員大変になるという、PTAあるある。リアルです(´Д`;)

 

番組のHPにある「感想掲示板」をみても、大好評。

 

あーほかの回も録画しとけばよかった、、と思ったら、最終回の再放送が今度の日曜の夕方にあるようです\(^o^)/

 

予約しましたともー。

 

 

・・・


P連から単Pへのキャッシュバックシステムのダイバーシティ(解せぬ)

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

さくっと、メモ代わりに失礼しますね。先日、埼玉県の方からこんなお話をききました。

 

単Pが、市P連に、会費(上納金)をおさめますよね。そのうち半分は県Pに上納されるそうなんですが、半分は「助成金」みたいな形で単Pにバックされている、というのです。

 

あんじゃそりゃ・・ ああでも、以前べつの埼玉さん(住んでる人)もそんな話をされていたような。

埼玉県は全域的に同様なのか? ほかの都道府県でもそういうのあるのかな?

 

さっき、ツイッターでお尋ねしてみたらですね、意外といろんなバージョンを教えていただきました。

 

・教育委員会からの補助金をP連経由で支給しているバージョン(toshi_shinoさん)

 

・県Pに払っていた保険料または手数料が戻っていたバージョン(ピー会長さん)

 

・埼玉県で、研修補助金という名目でP連からバックがあった(ただし小学校だけ)バージョン(lacastaさん)

 

・福岡県で、県Pのキャンペーン(早寝早起き朝ごはん?)に参加するとお金がもらえるバージョン(さやさやさん)

 

うーんどうなのかな〜・・・ いや本音をいいますね、どれも何かがおかしいだろう。。

 

教えてくださったみなさま、ありがとございました〜(´o`)

 

 

・・・

 


いやいややるから全部おかしくなる。ていうのはずっと思っているようです

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

最近、「PTAをやってる人にアドバイスを」ときかれたときは、「いやいやなら、やらないほうがいい」とか「いやなら、やらないのも大事」ということをよく答えるのですが、急に言い出したわけではなくてですね。

 

黄色い本のあとがきにも書いているのでした。

「私たちは、PTAの仕事を“いやいや”引き受けてはいけないんじゃないか。そう思いました」と。

 

もっというと、本書く前から思ってたことなのです、そういえば。

 

保育園の卒業DVDやってたとき、まあほんとに大変だったんですけど、それにしてもずっと愚痴を言いながらやってる自分が、自分でほんとうにいやになってしまった。なんてかっこ悪いのかと。

 

そんで、いやいややるのは二度とやめよう、と思ったのでした。

文句いえずに最後までやれる、と思ったときだけやろう、と決めた。

 

本のあとがきに書いたのは、それよりもうちょっと広い意味だし、いまはさらにもっと広い意味なんだけど。

 

とにかくまあ、「いやいややるから、おかしくなる」ていうのは、なんかずっと思ってるみたいです。

 

 

・・・

 

 


ヨーロッパのほうの保護者組織は「もの言う機能」が大きいのに対し日本のそれはむしろ

JUGEMテーマ:PTA役員・委員会

 

今朝はJ-WAVEの「BEHIND THE SCENE」というコーナーで、PTAのことについてお話させてもらってきました。

 

パーソナリティのサッシャさん寺岡さん、構成作家さん、ADさん、ほかあらゆるスタッフさんがほどよくフレンドリーで、なんだろうね妙に居心地よかったです。

 

お話も面白かった。サッシャさんはドイツの保護者組織をご存知なので、比較すると、日本のそれ(PTA)の特徴がよくわかる。

 

イギリスやフランスの保護者組織は、意見を言って学校に参画する、という機能が大きい、という話は聞いてたんですけど、そっかドイツもそうなのですね。ヨーロッパのほうの特徴なのか。

 

日本てか文科省も、学校評議委員会とかでそういうのを目指してるのでしょうけれど(そのはずだよね?)、どういう経緯でPTAとは分けることにしたのか知りたいな、、調べねばですな。


今日のラジオ、今日から1週間、radikoのタイムフリーで聴けますので、興味のある方はよろしければ是非〜。

 

 

・・・

その後、東京ビッグサイトの「教育ITソリューション展」に行って、そっちもいろいろ面白かったんですけど、そちらはまた改めて。。


<< | 2/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

『PTAをけっこうラクにたのしくする本』

link

link

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    みんなの味方 (09/16)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    大塚 (08/03)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    関 英子 (08/01)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    おおつか (07/27)
  • 日Pからもっとストレートに、加入意思確認等について具体的な情報を発信してもらえるようにお願い
    おおつか (07/27)
  • 教育委員会の人が悪いわけじゃないもののそれにしてもなんでPTAの講演会を教育委員会が・・というもやもや
    おおつか (07/27)
  • 立候補を募りつつ、「なり手がいない」と言いつつ、「立候補する人は危険」と却下する自己矛盾をいったい
    おおつか (07/27)
  • 役員決めの保護者会を休んだ人が「役員に決まりましたよ」という連絡を受けるということは
    関 英子 (07/27)
  • 日Pからもっとストレートに、加入意思確認等について具体的な情報を発信してもらえるようにお願い
    ガーラ (07/18)
  • 教育委員会の人が悪いわけじゃないもののそれにしてもなんでPTAの講演会を教育委員会が・・というもやもや
    Mr.Peki-chan (06/23)

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM